内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のサニトラ その59 エンジン分解(2)

2本目

DSCN2494_20120112182233.jpg

ノーマルピストンを高回転・高負荷で使うとこうなるみたい♪

しかし いつ見ても このピストンリング ゴツすぎませんか?

リングは抜けてないみたいだから まぁいいか また再利用しちゃお~

DSCN2495.jpg

残念 子メタルは全部 使えそうにないな~ あ~あ~

まぁーこうなる事は ある程度 予想できていたんですけどねー

完全に壊す前に 開けることが出来て良かったです

DSCN2496_20120112182232.jpg

クランクはちょっとキズ付いちゃったけど

寸法的には問題ないので また使えそうよかった~ 

このクランクは加工するのに結構時間かかってますからねー

DSCN2502.jpg

メインの方は 組んだ時と まったく変わった様子がない

変な模様も綺麗に残ってる・・・

まぁ メインはよっほど変な事やらなきゃ フツーはこんなもんですよね!

DSCN2504.jpg

まっ 検証結果はこんな感じでした♪

僕の場合 エンジンが壊れる事はそんなにショックな事じゃないんです

むしろ どこかか壊れていてほしいんですよ

それが無いと メイク&トライができませんからねー

前回 組んだエンジンのテーマは 

A15のノーマル加工エンジンはどの程度回るのか?だったので

回転数だけを考えると 結果としては ほぼ満足できたので良しです

ただ やっぱりA15の場合 何も考えないで回転数を追いかけて行くとエンジン壊れますね

なので 次回のテーマは もっと回転数を上げても腰下を壊れにくくしたいです

でも 一気にオイルラインやオイル穴その他もろもろやってしまうと面白くないので

だれもやってないような変な事から やってみよう!と思ってます♪

3月2日までに 終わるのか?

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1664-6bb538ea

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。