内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

俺のサニトラ その60 コンロッド加工

こんばんは

今日は 急に法事になってしまいまして夕方まで留守にしてしまいました

お電話等頂いたお客様 ご迷惑をお掛けいたしました

で こんな報告の後で申し訳ない気もするのですが昨日のお休みはちょこっと自分エンジンさわりましたのでその内容です

DSCN2589_20120119214344.jpg

一番の問題が コンロッドメタルでしたね♪

原因として考えられるのは まず回しすぎですね

さらにヒドイのは その高回転時のエンジンブレーキですね

まぁー 僕としては そんな事はどーでもいいんですけど

要は クランクとメタルが油膜切れによって 接触してるわけですよねー

じゃあ 油圧かかっているのに 何で接触するのって

簡単に言うと オイルによる保持力よりも 遠心力や引っ張られる力の方が強かったってことですかね

僕の場合 アイドリング時 2Kくらいで 回して6Kちょいにしてましたけど

それだけじゃーダメだったみたい 当たり前か!

で また素直じゃない僕は 変な事をしてみたくなっちゃったわけで♪

DSCN2591_20120119214343.jpg

下の1枚のメタルは フツーのA型のメタル

上のやつは 工場に転がってた 中古のブラックメタル(もちろん純正部品)

だいぶ ナローになるし 使えそう♪面白そう♪スプラッシュ穴も開いてないし♪

スプラッシュ穴に関しては すでにコンロッド側で埋めてありますが

メタルの表面が剥がれ始める時って この穴付近からなんですよね

なので 元から開いてないに越したことはないです

DSCN2597.jpg

出来た♪ 使えるじゃん

メタル内径も測定してみましたが かなりいい感じ

さらに良いのは このメタルを使うことで若干のメタル選定ができることかな(たしか5グレードくらいあったかな?)

でも 自分のなので クリアランス的に丁度良いので今回はこの中古を使ってしまおう!

で数値で問題無いのはわかったので仮組みしてみました



う~ん いいんじゃない♪

でも これだけじゃー つまんないなー

メタルにもちょっと加工入れてみよーかな?

お休みは ここで終了~ また次回







スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1669-6fc7d34e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.