内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GSX400F エンジン分解(2)

2本目

DSCN3917_20120313211329.jpg

あれ~ 3番が異常な感じ 他はすごくキレイなのに何で?

で 眺めること数分

DSCN3919.jpg

わかりましたよ

DSCN3931E.jpg

このオイルリング下の溝 ななめに見えませんか? 僕は見えるんですけど・・・・

DSCN3924_20120313211325.jpg

こっちなんか もう溝すら無いです

DSCN3925.jpg

で こっちは かなり深い溝

DSCN3928.jpg

結果 どーゆー事かって言うと

簡単に言うと 製造不良ピストンが入ってたってことかな

ちょっと難しく言うと メーカーでのピストン製造時 ピストンをななめにチャッキングしてスカート部を仕上げた物

だから 本来 オイルリング下の面取りが丁度良くなる仕上げになるハズなのに

片方は溝すら無く もう片方はエッジ部分が残ってたので極端にこの部分にカジリが出たんでしょう

って言うより こんな ななめピストン作ったり組んだりするなや!って感じ

大体にして ピストン製造~組み立てまで 何人もの人がこれに気がつかなかったって事でしょ!

まぁー スズキだからしょうがないかーって気もするけど

無いなーやっぱ無い かなり残念ですよ

 
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1687-165e8c67

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。