内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEPHYR1100のエンジンを良く考えて見る

おはようございます

ここ何日か 夏とは思えないくらい寒かったのですが 今日は夏ですね

作業する方としては良かったんだけどなぁ~


随分と前にやった作業と言うか点検?検証?

DSCN4047.jpg

DSCN4048_20120723104520.jpg

まずは容積測定です

うーん・・・最近のエンジンにしては かなり残念な圧縮比です

僕の測定・計算が間違ってなければですが 8.7:1 でした

まぁー ネットでサービスデータ見たら 8.7だったから ある意味これで正しいみたい♪

DSCN4050_20120723104519.jpg

で 次は ピストンTOP位置の確認

このエンジンは ヘッドガスケットが純正でメタルで厚みが0.6mmのため

ピストンの肩がシリンダー上面よりも随分と下がってました

DSCN4065.jpg

で バラしたエンジンをまた こーやって仮組みしてるわけですが

これは 現在のバルブタイミングの確認~ピストンとバルブの位置関係を見ているところです

結構余裕を取っている部分とギリギリの部分がありました

大体これで このエンジンを裸にできた感じです

で さらに今度は

DSCN5091.jpg

各パーツ 1つ1つのポテンシャルを検証

さーて どんな服を着せようかな~

実はもうとっくに計画はスタートしてるんですけどね♪

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1718-02d5d514

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

GPZ系の空冷ヘッドは面研で圧縮を稼ごうとするとバルブシートの当たり面がギリギリな気がします。

Z1やZ2と較べるとカムチェーントンネルにオーリングが無い分シリンダ周りはイタズラができたりと・・・。

仮組みして確認するのはメンドクサイけど面白いイタズラが進行中のようですね!

  • 2012年07月23日 19:21
  • tani #djnh.SQU
  • URL
  • [ 編集 ]
 

たしかに カワサキ系はヘッド下面にリングが近いものが多いので面研で圧縮比をかせぐのはかなり厳しいですよね
今回はそれを解消するためにスペシャルパーツを投入します♪

  • 2012年07月24日 18:57
  • よこお #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。