内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEPHYR1100 エンジン火入れ

こんばんはー

久々の夜アップ? アップするか悩んだのですが 明日は休みなので今日アップする事にしました

DSCN5952.jpg

このブログ読んでるような人で知らない人はいないと思いますが

エンジンO/H後 始動前は 必ずプラグもしくはコードを外した状態で空回しをさせ

十分にオイルをエンジン全体に回してから 火を入れます(2STは必要ありません)




ちゃんと組めてれば あたりまえの事なのですが

何回やっても この火が入る瞬間ってドキドキするもんですね

関係ないですけど たまに アイドリング状態で何時間も回して慣らしとかって言う人いますが

僕は アイドリングがエンジンにとって一番条件が悪いと思っています

初期あたりだって 聞いてればわかると思いますが分単位で音変わるのわかりますもんね

なので こんな感じで調子の良さそうなエンジンだったら

この後 すぐに走らせちゃいます

だって バイクもはやく走りたそうだし

まぁこれは OUTLINE流 なので正解ではありませんからね

キャブがちょっと濃いみたいだけど 

エンジンは音もいいし いい感じ これからが楽しみです

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1742-39db6ad5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

アイドリングの回転だと油圧が上がらないのでヘッド周りにオイルが充分行きません。また走行風が当たらない状態で慣らすのも良くないですね~。

OUTLINE流で正解だとおもいます。

  • 2012年09月26日 18:25
  • tani #djnh.SQU
  • URL
  • [ 編集 ]
 

正解って言ってもらえてよかったです

  • 2012年09月29日 10:25
  • 横尾 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。