内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

kawasaki Z1 組み立て(4)

こんばんは

あー寒い寒い・・・・

前回の続きになります

DSCN6991.jpg

ヘッド単体にて とりあえず暫定的なシム厚を確認して

DSCN7019.jpg

合体♪ 結構写真撮ったつもりだったんですけど これくらいしか使えそうなのが無かった・・・・

DSCN7050_20130129201852.jpg

随分と間が飛んで この状態

zのエンジンは サイド部分のオイルシールが全てカバーに取り付けされてるので

この辺はメンテナンスの部分で非常に良いですね

シムの方も良さそうだったので

バルブタイミングの確認です

なぜか ノーマルスプロケットのままでもナイスなタイミングになってる

ここ最近の僕の研究の結果によると(ただのデータです♪)

Zはノーマルカムの場合 多少の面研をして なぜかバルタイがちょっと進んでるかピッタリくらい

という事は 新品チェーン使って組んだ場合 結構進みぎみに純正で設定されてるのかな?と

まぁいいか

DSCN7052.jpg

やっと おまじないまで来ましたよ♪

つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1779-1175b439

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.