内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUZUKI GT380 エンジン分解(1)

こんばんは

今日もホント寒かったですねー 雪も降るくらいですからね・・・・

で エンジン分解したらアップするって言って忘れてました(GS400の方も・・・)

なので、とりあえずGT380から

DSCN6737_20130219204943.jpg

何だか パッと見た感じで かなり走っているような感じです

では

DSCN6759.jpg

カバー類を外すとこんな感じ

2サイクルエンジンは基本 分解前にバルブタイミングやら何やらと考えたり測定したりしないので

ちゃっちゃかバラします。

DSCN6760.jpg

ん? 1番の燃焼室に何かが刺さったような跡がいっぱいある

過去に 1度はブローしてるみたいですね まぁいいや

DSCN6770_20130219204948.jpg

ピストン君 大変お疲れ様でした。

ちなみにすでに0.5mmO/Sでした

ん?待てよ STDピストンがブローしてるハズだから その後0.5mmでピストンがこの状態ってことは

やっぱ このエンジン そーとー走ってるハズだなー

DSCN6773.jpg

クランク君もお疲れ様でした

この感じだと クランクもオーバーホール決定ですね

つづく





スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1791-fe59d124

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。