内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

ZEPHYR1100 ヘッド加工前

こんばんは

本日はめずらしく 夜中の更新です

DSCN7538.jpg

このヘッドは、もうホント申し訳ないくらい前から預かってます・・・・すいません・・・・

今回は フルチューンヘッドの製作依頼ですが

この写真でもわかるように すでにINTポートがいじられているみたいです

未加工ヘッドの場合 何も気にしないのですが

なぁ~んか気になったので 加工前に現状把握しとこうと思いまして

まず バルブの突き出しを測定してみたところ 

結構出てました 加工カムでも入れてたのかな?

待てよ でもノーマルガイドの頭 突き出しだと そんなリフトのカム無理だよな?

DSCN7575.jpg

あー なるほどねー ギリギリかわすために押し込んだのね

バルブガイド抜くとよくわかります

DSCN7590.jpg

普通はこんな跡ついてません

ノーマルはガイド突き出し寸法が14.0mmなので 0.5mm入ってたってことですね

DSCN7594_20130618225813.jpg

ぬぅ~ 燃焼室の洗浄後です・・・・・

このキズは 僕がつけたんじゃないです・・・

このヘッド 燃焼室研磨もするんですけど・・・・

何だろ 最近見るヘッド こんな感じでキズだらけになってるのが多いんですけど

これって よっぽど硬いワイヤーかなんかでやらないと ここまではならないんですけどねー

僕も 洗浄する時 リューターにワイヤーブラシ(鉄)つけてますけど ほとんどキズつかないんだよな


エンジン分解等の記事も書きたいところですが

とりあえず このヘッド先行で記事が続くと思います

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1832-a394e531

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.