内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUZUKI GT750 エンジンO/H その1

こんにちは

今日は、ちょっと暖かい でもまた雪降るかも?とかって言ってるし・・・ヤダなー

DSCN7893.jpg

このエンジン マニアの方はわかると思いますが

B1なんです GT750はシリンダーヘッドが2ピースになってるのは このB1だけで

初期型とB1以降は同じ一体型のシリンダーヘッドなんですよね

ようするに GT750の中でも1番珍しいのではないかと思います

しかもこのB1は 部分的に初期型だったり後期型だったり ごちゃまぜされているような感じなんですよね

DSCN7916_20140207130117b01.jpg

とりあえず ヘッドカバーとヘッドを外してみます

DSCN7913.jpg

ヘッド締め付けロングナットはこんな感じ・・・・もうすでに嫌な感じになってます

このエンジンは、ナットの座面のワッシャがスプリングワッシャ使ってるのに

水抜き穴的なものが無いため シリンダーのスタッドボルト穴に溜まる一方なのでこんなことになっちゃうわけで

DSCN7918.jpg

何か すごいクーラントっぽい・・・

DSCN7925.jpg

うー・・・超サビてる・・・・ ガスケット抜けてちゃのかな?

でも、このエンジン普通にかかってたんですよ!

オーナーさんが目の前で1回かけてくれたんですけど、こんな中身のような雰囲気じゃなかったんだけど・・

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1883-25ca073e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。