内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUZUKI GT750 エンジンO/H その6

2本目

DSCN8343.jpg

汚いと何が何だか良くわからないので、とりあえず洗浄です

DSCN8344_2014031810580411e.jpg

機能的には何も問題ありませんが、部分欠けしてますので

DSCN8345.jpg

いつも通りな修理方法ですが、溶接です

DSCN8354_201403181058086da.jpg

で 整形です

よく見るとボルト穴いっぱいダメになってるみたい・・・・これは後かな

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1894-b20f12d1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

こんにちは、お疲れ様です。
先日はお邪魔致しました。

見た目は勿論ですが、腐食の状態確認、傷・割れの有無を確認するためにも洗浄することは有効ですね。
部分欠損部の溶接補修、お見事!
全く補修した場所がわかりません。

「その5」にて、腐食し痩せたスタッドボルトを拝見しました。
想像していた通り、ひどい状態ですね。
大きな引張力が加わるので、やはりこのボルトは新品に交換したいところでしょう。
クルマのエンジン同様、このボルトは塑性変形域で使うのかな?
であれば、なおさら新しくしたいところですね。
続き、楽しみにしています!

  • 2014年03月19日 15:00
  • どいぐち #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。