内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUZUKI GT750 エンジンO/H その11

こんにちは

今日も天気いいですねー

いよいよ組み立てです

DSCN9338.jpg

今回は、アッパー ロアー共 ウェットブラスト仕上げです

ねじ穴の修理も終え 各部 徹底的に洗浄を行ってます

特にブラスト後の場合は、かなりメディアが残ってますので 要洗浄です

DSCN9339.jpg

やっぱスズキってメーカーは凄いなー 40年も前の部品が 結構普通に入荷します(まだまだ在庫有りのようです)

DSCN9340_20140524110335cca.jpg

ポンプ組み込みは、分解時とは違って いたって簡単です

DSCN9343_201405241103365f2.jpg

このパイプは、水やオイルが漏れ始めた時にエンジンの外へ出すためのもの

DSCN9345.jpg

なので、このカバー端部からオイルや水が漏れている場合は、ポンプシャフトのシール類がダメになっていると判断できます

だからと言って 簡単に外からポンプを外せるわけじゃないんですけどね・・・・

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1901-81d24c1e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。