内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUZUKI GS400 エンジンO/H その3 saitama

2本目

そして こちらが 現在販売しているバルブです

DSCN2535_20150309114208910.jpg

写真だと イマイチわかりずらいですが

INT 39mm EXH 32mm になります

DSCN2536_2015030911420994e.jpg

半球型の燃焼室のエンジンの場合 

バルブサイズを大きくするためには、バルブ全長を短くして シートカットにて掘りこむ必要があります

使うカムシャフトにもよりますが GS400の場合 バルブの挟み角が 61度なので 計算すればわかると思いますが

簡単に言うと バルブとバルブがあたらないようにしないといけないんです

すると バルブサイズを大きくすると 必然的に 燃焼室の容積が増えてしまうわけで

この辺の イタチゴッコが 半球型燃焼室エンジンの難しさですよね

今回は うちのピストンを使いますので もちろんノーマルよりも 圧縮比は上がりますが

定番のWISECOあたりのピストンだと 圧縮比は ノーマル以下になってしまいます

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1950-3b5ad817

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。