内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 エンジンO/H その3 ooita

こんにちは

今日は、暖かいですね 風も無いし

続きです

DSCN3469_2016013111402512d.jpg

あーあーあーですね(笑)

よく見る この液ガスぐりぐり作戦を施されている場合 

クラッチプッシュロッドまわりは、まぁーいいとして スプロケット裏のカラーがキズだらけになってるんですよね

オイルシールを交換する時に マイナスドライバーとかでぐりぐりしちゃうから

オイルシールのリップ部分って知らないんだろな(笑) なので素人が交換すると交換した後はダダ漏れになります

この部分は、下手に手を出すくらいならやらない方が全然マシなので注意してください

DSCN3476e.jpg

この丸印のところのプレートがボロボロになってます 

こうなると シフトがスムーズに行かなくなります

多分、センターボルトが緩んだんでしょう 

ここも 通常は緩める必要ありませんので注意してください

DSCN3477_20160131114027d4b.jpg

ここは、シフトギヤ、シャフトの オイルシール部分です

最悪です オイルシール交換するのに またマイナス突っ込んだんでしょう

この部品も新品が出れば何も問題ないんですけど 新品なんか出る訳が無いじゃないですか!

うちでも 何とかできないかな?って考えてますけど 現状は程度の良い中古品を探すしかないですね

DSCN3481_20160131114028e4f.jpg

DSCN3482_20160131114030148.jpg

この写真では わかりにくいですけど やっぱり痛んでるギヤがあり 

ロアーケースにアイドラーギヤがバラバラになった破片がいっぱいあります

バラした感想 このエンジンは 素人が下手に手を出した感満載でした

では これから 綺麗に仕上げて行きます

つづく
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1987-ca4d691e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。