内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークⅡ エンジンO/H その3  tokyo

2本目

DSCN0241.jpg

元々のカムシャフトは、摩耗が酷かったので 中古品を ラッピングして使用する事にしました

DSCN0253_20160512110713e1c.jpg

元々のロッカーアームです 少し磨いてみましたが 表面のメッキ層が無くなる程 摩耗してたので使えません

DSCN0257_20160512110714023.jpg

なので こっちも 中古品をラッピングして使います カムもロッカーアームも新品出ませんからね・・・

この時代のホンダのロッカーアームタイプは、どのエンジンも同じようなトラブルがでますね

これは、あくまで予想ですが 新品時のロッカーアームのメッキの研磨仕上げがあまいんじゃないかと思うんです

摺動面が荒いから カムがメッキに負けて 削れて 今度はそのバリの出たカムがスリッパー面をキズ付けてみたいな 多分ですよ

00000049.jpg

で やっぱり WPC

ホークで カジリやすいところを

カムまわりは、必須ですね  それと コンロッドピン穴 ピストンピン メタルもやっておくと安心です。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/2004-e4617c12

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。