内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

CB750four オーバーホール その4

こんにちは

今日もいい天気~

さて 続きです まずは、ちょっと気になった クランク&コンロッドからです

DSCN3821.jpg

よく見てみると WPC処理されているのに メタル痛んでますね

それと 写真無かったのですが ピストンピン穴も痛んでました

ピン穴は、製造時のバリが元々の原因かな?

それよりメタルが気になりますね

クランクのオイルラインのゴミが原因?

DSCN3828_20161104121333b95.jpg

でも このメクラ これ絶対に1回 外されてますよねー わざわざ外したって事は 掃除したって事ですよねー

なんだ?

DSCN3817.jpg

クランクもよく見てみると オイル穴の面取りも気を使った感じで大きく広げてある

ん? 待てよ オイル穴 小さくないか?

わかった これ 絶対に 潤滑オイル量が足りてないんだ 

他のどのエンジン見てもこんな 小さいオイル穴 無いですもん 最近のなんかバカ穴ってくらい大きいですから

前に組んだ人も これに何となく気がついたんでしょうね だからわざわざオイル穴の面取り広げたんでしょう

良し 納得できたので 進みます

DSCN3820_20161104121331a5c.jpg

元々のコンロッドも 使えなくは無いのですが ピン穴がイヤだったので

オークション見てたら たまたま あったので購入してみた

何か 違う メタルが違う どーゆーこと?

これも 気になったので いろいろ調べてみたら

どーやら 元々は 後から購入したタイプの アルミ系のメタルが採用されていたみたい

なのに いつからか 部品統合かなんかで このエンジンに入っていた ケルメット系のメタルになったみたい

なので 今 新品を購入すると ケルメットのメタルになるみたい

だからかー このエンジン コンロッドにスプラッシュ穴なんか開いてないのに 

メタルに穴開いてるの おかしいなーと 思っていたんですよ すっきりした

で 今回は 後から用意した物が コンロッドもメタルも極上だったので こっちをベースにしたいと思います

初めてのエンジンは いろいろ見えて 面白いです♪

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/2016-20cade89

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.