内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

SUZUKI GT380 オーバーホール? その2

おはようございます

今日は、いい天気ですね 早いなー もう12月ですよ・・・・ヤバい・・・・

お知らせです 本日の営業は夕方4時まで 明日はお休みします(親戚のおばぁさんが亡くなったため)

で サンパチの修理の続きです

DSCN0983.jpg

シリンダーは、とりあえずこのままでも使えそうなので 面取りのみ行いました

DSCN1018_20161202102930b80.jpg

痛んでいたギヤとシフトフォーク&シャフトは たまたま手持ちがあったのでそれ使って

その他は組んでから ほとんど経ってない感じで 一応点検しても大丈夫そうだったので 

部品交換等はあんまりないです

DSCN1021.jpg

ちゃっちゃか組みます

DSCN1028_20161202102932d26.jpg

ピストンもリングも 洗浄&ラッピングのみの再使用です

DSCN1035_2016120210293351f.jpg

もうすぐ 完成になります

DSCN1040.jpg

途中で気が付いたんですけど このエンジンのベースは初期型だったんですね♪

ヘッドとキャブが後期のになってるから こんな感じで シリンダーに逃がし加工がされてたわけね!

初期型の方が シリンダーのフィンが大きい

DSCN1048_20161202102936d39.jpg

感想としては、このエンジンの加工をした内燃機業者の仕事は普通に良かったです

問題は、組み付け側で ちゃんと組み付けが出来てさえいれば こんな事にはならなかったと思います

シリンダーとピストンの寿命が来たら 今度はうちでしっかりと再生させましょ

まぁ そんなに乗らなそうだから このままでも そーとー持ちそうですけどね






スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/2032-1e313880

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.