内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その3

こんにちは

久しぶりのアップになります。 ブログアップが無いと言う事は・・・・もうバレてそうですが 大変忙しくさせて頂いております♪

DSCN1172_201704171052584d1.jpg

これは、問題のシリンダーですが  SS350の中古シリンダー お客様と散々探しましたが無いです・・・・・

現在のシリンダー 確認したところ 一応 吸気・掃気・圧縮・排気工程はできそうなので

とりあえず 今回は、これ使って 見つけたら交換しましょ!って事になりました

DSCN1175_20170417104909135.jpg

2㎜もアップしてるのに、ポート口の面取りは いっさいやってありませんでした

なので シリンダー壁面にもキズ等があったので 

最小限ホーニング&ポート面取りしました

ボーリングしたら 絶対にポートの面取りやらないとダメですから!元々だって面取りされてるでしょ

DSCN1167_20170417104910626.jpg

これは、何に使うかって言うと

DSCN1166_201704171049123bd.jpg

こんな感じ  このエンジンは クランク&コンロッドはSS350 ピストンがGT380用なので

確認したところ SSはコンロッドピン幅が狭く GTは逆に広くて じゃあGT用のピンベアリング使えばって思ったのですが

そーすると ピン径は同じなのですが コンロッドに入らない 外径が大きいです・・・・

元々の組まれていた状態はと言うと ピンベアリングがスラスト方向に動いてしまうため 

コンロッドに対して ベアリングが左右に動いて ベアリング幅の半分くらいしか コンロッドに乗っていませんでした

意味わかるかな? まーいいです

DSCN1176_20170417104913474.jpg

とりあえず ここまで来ました





スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/2041-d68aa238

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.