内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

HONDA CBX400F エンジンOH その11

こんにちは

朝は雨降り出しそうな雲り空だったけど この後 晴れるみたいですね♪

今日は、シリンダーヘッド

まずは

DSCN1579_20170930114319c05.jpg

ここ 意外と盲点 ここのワッシャー座面は大事で 

ここが荒れていると いくら新品の銅ワッシャーつけてもシールしきれないので エンジンの外にオイル漏れます♪

なので 面だししますー

DSCN1580_201709301143200d5.jpg

これで 新品状態なので OK

DSCN1633_20170930114310eba.jpg


で 当たり前の加工 バルブ研磨・シートカット・すり合わせ・面研みたいな

バルブまわりは もうね とにかく 小さくて 見えないしで 大変・・・

DSCN1637_2017093011431441d.jpg

バルブスプリングは、ちょっと高いですけど新品に交換しましょう!最低でもアウターは かなり縮んだり曲がったりしてますから!

DSCN1639_20170930114312bde.jpg

あと ここも中古バルブ再使用する場合は要注意 バルブの頭がえくぼみたいに凹んでたりした場合は研磨します

ここにキズがあると タペットクリアランス調整もしっかりできないし 打音の原因にもなるし キズはどんどん深くなるし

良い事なんも無いですから

DSCN1645.jpg

同時に アジャストスクリューも交換した方が良いって言うか 交換です

あとは これね

DSCN1641_201709301143167fb.jpg

ロッカーアームの再生 新品出ないしね もし新品が出ても 研磨目が粗いのですよ

DSCN1642_20170930114318d20.jpg

CBXの場合 ヘッドの構成パーツの中で 一番って言っていいくらい ロッカーアームがきつい仕事受けてますからね

ちょっとでも 荒れてたら そりゃカジりますよ 特にドライスタート時なんかはね!

DSCN1653_20170930114323017.jpg
 
CBXのヘッドを ちゃんと再生させるためには ここまでやらないとダメー

だから このエンジンは 加工も多いし部品も多いしで お金かかっちゃいますね・・・・

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/2056-ce9d073c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.