内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4G63

本当、最近ですが、結構いろんなエンジンの部品が入ってくるようになりました。

ほとんどが、インターネットで見た と言うお客様ばかりですが、とてもうれしいです。

DSCN2031.jpg


で、今回は、福島県のショップ様からの依頼で、4G63(ランサー系)のフルフロー加工です。

このコンロッドのように綺麗に洗浄されていると、すぐに作業に入れるので

とても、効率がいいです。

恒例ですが、いつものように寸法取りに時間をかけ、じっくり部品を眺めます。

DSCN2034.jpg


今日、気が付いたこと

4G63は、パワーの出ているエンジンにしては、クランクピン径が細い事、大端部内径で、48パイしかない

コンロッドボルトが意外と、ゴツクない(細い)

それと、上の写真は、社外のピストンに付属されているピンですが、ちゃんと、中をテーパー状に軽量加工されていること、(純正は重過ぎる) 

以上が、本日の発見でした。

で、作業に入ります。

ブッシュから製作です。

DSCN2038.jpg


次、コンロッドの方の下穴拡大です。

DSCN2045.jpg


これ、コンロッドのキリコです。特に意味は、ありません。

ブッシュ圧入

DSCN2046.jpg

DSCN2047.jpg


このあと、油穴あけ、内径仕上げ、曲がり点検、納品準備です。

まだ作業途中ですが、今日この後終わらせる予定です。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/264-09fd51fb

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.