内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

SR20DET

DSCN2362.jpg


今日の話しは、これです。

SR20のブロックですが、わかるかなぁ~

普通のじゃないですよ ライナーが入っているんです。

普通は、鋳込みなので、上面は、アルミ肌なのですが、

これは、ライナーを入れ替えてますので、上面までスリーブが見えますよね。


で、こんな風にライナーを入れ替えて、BIGボアにすると

たしかに、パワーは、出ます。まちがいないです。

ただ、問題なのは、ライナーとブロックがパワーに耐えられず

歪んだり、ライナーが動いて下に下がったりしてしまいます。

そして、今回のブロックも例外では、ありません

ライナーが動いてます。下に

DSCN2364.jpg


で、上面を研磨して修正するんですけど

その前に、SR20は、パイプが何本か上面よりも出っ張っていますので

それを、こんな風にして抜いてから作業です。

加工前

DSCN2363.jpg


僕の測定では、ライナーが全体的に5/100以上下がってて、部分的に10/100くらい下がってました。

5/100面研

DSCN2366.jpg


10/100面研

DSCN2367.jpg


12/100面研

DSCN2368.jpg


結構削りましたが、やっと綺麗になりました。

案外ブロックの上面というのは、軽視されがちですが

ブロックにとって、とっても大事な部分の一つです。

ターボエンジンなどでは、普通にメタルガスケットが使われてますよね。

なのに、上面が0.1mmも歪んでいたら、絶対にボア間でガス抜けが起きています。

と、いうことは、圧縮圧力も爆発圧力も抜けてるということです。

だから~上面は大事ですよ~
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/312-915eb8db

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.