内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

KLX250

工具がきたので、続きです。

フライホイール側

DSCN3072.jpg


このカバーを外せば良いのですが

セルのギヤの部分に8mmのネジがあるのですが

普通のディープソケットだとケースにあたってしまって・・・

チョイ長のディープじゃないとダメみたいで

それで何とか外しました。

測定

DSCN3073.jpg


フライホイールのこの部分はクランクと同芯なはずなので

この部分で測定しました。

結果 大丈夫でした。

このクランクは使えるようです♪


分解して気が付いたのは

最近のオートバイはジェネレーターケース内にもオイルが回っている

ってことですね。むかしのエンジンはオイル遮断してたのに

今のは回ってるみたい でも何でオイル回す必要があるんだろう?
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/394-d44f55ac

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

オイルが無いと 

セル周りの潤滑が出来ないんです! (>_<)b

  • 2007年01月18日 23:24
  • 通りすがり #x5rixo0o
  • URL
  • [ 編集 ]
 

なるほどね!このあいだのギヤが常時噛み合い
だからですね。ありがとうございました。
勉強になります。

  • 2007年01月19日 09:21
  • 横尾 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.