内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

SS750

夜中に更新です。

終わりました。あっ 加工ですよ

まずは、ケースの方から

DSCN3825.jpg


オイル供給穴 埋め

これは普通にイモネジを使って塞ぎました。

取る事は無いと思いますが、一応取れるようにもしました。

次 ピン抜き

DSCN3820.jpg


最初はネジを切ってボルトで抜こうと思ったのですが

まったくドリルの刃が立たず

あっさりあきらめ

溶接てんこ盛りスペシャルにてナットを溶接し

ボルトで引き抜きました。ちょっとドキドキでした。

で、新規に平行ピンを打って 終わりです。

DSCN3849.jpg


最後 クランク

DSCN3836.jpg


最初の状態は すでにコンロッドベアリングが

お亡くなりになってまして そのせいでクランク自体が

すんっごく曲がってました。

ので これ大丈夫かな?って思ってたのですが

本体のウェイト部以外 すべて新品が持ち込まれたので

それを使って組んだので

新品同様の状態にすることができました。


DSCN3837.jpg


これで今回の加工と言うより修理はすべて完了です。




で、話しはまったく関係ないですが

最近・・・お客様の求める仕事の難易度

上昇中です。 結構大変です。

なぜなら僕は おバカで経験不足だからです。

でも変な物 出したくないので僕なりに勉強して

いろいろやってるつもりですが時間かかります。

ということで お願い

やさしい仕事ください!

ってそんなんお客様には関係ないですよね。

はい♪

がんばります・・・・・・・・・・・・


以上 横尾のタワゴトでした。
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/482-ec06eee2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 

難しい仕事はやりがいはあるけどなかなか進まないからね~。うまくバランスが取れてればいいけど、そうもうまくいかないし・・・。

体を壊さない程度にがんばってよ~。

  • 2007年04月25日 04:48
  • tani #djnh.SQU
  • URL
  • [ 編集 ]
 

先日はRZのニードルバルブでお世話になりました 白井の秋本です。その節はありがとうございました。
横尾さんに質問です。アルミに入っているネジに溶接する時はどのくらい熱をかけても大丈夫なものでしょうか?錆で固着して折れたスタットボルトなど 鋳物で折れたネジなら真っ赤にしますけど、相手がアルミだと溶け出さないかとビビリます。教えてください。
それと 私もチョビット田んぼやっています。あー面倒くさい。お互い頑張りましょう。

  • 2007年04月25日 07:30
  • 31k #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

今度、オレが頼む仕事は・・・
そんなに面倒じゃないよね???

  • 2007年04月25日 10:37
  • 某板金屋 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

taniさんへ

taniさん朝早いですね。そうなんですよねぇ~本当!
最近 集中砲火うけてます・・・・・・


秋本さんへ

アルミに熱をかける場合は エンジンオイルなんかをそこにたらしておくと だんだんそのオイルから煙が出てくるのでその位までが目安かな~結構溶けないもんですよ 僕みたいに酸素とかでブーブーあぶるとあっさり溶けちゃう時もありますけど・・・・・


某板金屋さんへ

僕のブログ 仲間の板金屋さんたちも見てるから誰かわかりませんでしたよ~ まこさんですね!
RBのヘッドまだうちで面研したことないのでちょっとジグ作ったりしますけど 大丈夫です。 この位のレベルなら問題なしです。

  • 2007年04月25日 15:04
  • #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.