内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4A-G

お客様の要望で、キチンとした圧縮比をしりたい! ってことで

まず、今 僕のところにあるピストンのトップ容積を測定してみました

作業は、ピストンをシリンダーに入れて容積を測定して

引き算するだけです。

まず、ブロック上面にダイヤルゲージの針が5.00mmを指すように

セットします。(写真なくてごめんなさい)

ピストンにリングをはめてシリンダーにグリスを塗って入れます。

DSCN0670.jpg


そして、ダイヤルゲージの測定子をピストンの肩が均一になるように

しながら0.00mmにします。

DSCN0671.jpg

DSCN0672.jpg


そして穴の開いたアクリル板などでフタをして

ビューレットで測定します。(僕は中身は灯油です・お金がないので

プラスチックのビューレットです)

DSCN0673.jpg


これで、口切いっぱいです。

DSCN0675.jpg


結果は、26.6ccでした。(見づらくてごめんなさい)

計算していきま~す。

まず、シリンダー5.00mm分の容積は(81.5パイ)ですから

0.475×0.475×3.14=52.14
  52.14×0.5=26.07     26.07ccです

と言うことは、(約で書きます)

26.6-26.1=0.5   

頭部の容積は 0.5cc になります。

今回は、リセスを切ったので容積が増えたようです。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/64-b4dcb752

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。