内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 エンジンO/H

ちょ~こんばんはです・・・・・

またまた みなさんがあまり興味をしめさないGS400です。

しかしGS400多いですね。

今回も腰上のみのオーバーホールになると思います。

基本的にGSは腰下がかなり丈夫な構造になってますので

普通に動いていたエンジンの場合 ほとんど修理無しで大丈夫ですね!

DSCN7677.jpg


何度も記事にしてますので 今回はあえて細かい説明は無しで行きます。

この写真で おかしいところに気がついた人います?

DSCN7676.jpg


お客様の話しでは ヘッドあたりから カチャカチャと音がすると言われてましたが

この部分のカム山にだけキズが付いてます。

でもこの写真では その原因はわかりませんよね

原因はこんなだったんです。

DSCN7674.jpg


これは 非常にマズイですよね

これー 僕が緩めたわけじゃあ ないですよ 

でも良く見てみると ネジが緩んだわけではなさそう

ネジ山ごと 上にあがってきてました。

と言うことは このエンジンはすでに1回以上 開けられているってことですね!

ねじ山が飛ぶってことは普通に動いていたら絶対にありえません

人為的な オーバートルクによるねじ山損傷です!

DSCN7685.jpg


現状で他にヘッドは特に変な点が無かったのでシリンダーの方に行ってみます。

DSCN7692.jpg


ここもちょ~っとおかしいですよね

錆びているわけでもなく 普通に動いていたハズのシリンダーなのに

何でこんなに縦キズが多いのか?

普通は シリンダーの内径は広がって光っているハズなのに

ノーマルのエンジンではちょっと考えにくいキズですね

ここもちょっと 人為的な気がしてなりません

とりあえずこの辺が今回のエンジンのポイントになりそうです。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/785-66b5aefe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.