内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

ロータス BDR のヘッドを修理してみた

こんばんは

この書き方のタイトルちょっと気にいったので当分こんな感じのタイトルでいきます

DSCN8827.jpg

このエンジンは かなり古いスーパーセブンのものです。

DSCN9031.jpg

ガスケットトラブルのためか 燃焼室がかなり悲惨なことになってます

バルブガイドも ありえないくらい ガッタガタでした

とりあえずガイドを抜いて 燃焼室を攻めてみます

DSCN9033.jpg

ここまで痛んでいると そのまま溶接ってわけにはいかないので

ほぼ全部除去してみました

んで

DSCN9040.jpg

モリモリしてみました

文章はふざけてますが 

このエンジンは相当貴重なハズなのでかなり ドキドキです!

とりあえず良しにして

次 ガイドにいってみます

DSCN8895.jpg

↑これが抜いたやつ

DSCN9025.jpg

で 落書き帳にマンガ絵書きながら もがいた結果

DSCN9344.jpg

こんな感じの 国産のステムシールがついちゃうぞガイドができあがりました

って自分で考えて作ってるのに何言ってんですかね?

綺麗にならべたら綺麗なガイドに見えるかなって思ったんですけど

綺麗に見えます?

まぁいいっか

DSCN9426.jpg

ガイドを入れて シートカットも終了

あと すーこーしー

DSCN9433.jpg

残念!

やっぱ 溶接のところが少し プツプツ残ってしまいました

いいわけなんですけど この手の古い鋳物のヘッドって溶接難しいんですよ!

プツプツが いっぱいで いつまでやってもプツプツなるんですよ プツプツプツPつTPつPっつTぷつ

まぁ簡単に言うと 僕が溶接ヘタなだけです 

でも 一応ガスケットはかわしてますので問題にはならないハズです

おわり



スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/838-00fffe40

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.